『資本論』を読む会の報告

shihonron.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 28日

第9回  2月7日 第2節 商品に表される労働の二重性

 2月7日(火)に『資本論』を読む会@所沢 第2期 第9回の学習会を行いました。「第1章商品 第2節 商品に表される労働の二重性」の第9段落から、最後(第16段落)までを輪読、検討しました。

■内容要約と議論

第2節 商品に表される労働の二重性

第9段落 商品‐価値を問題にする。

第10段落
・価値としては上着とリンネルは同じ実体を持ったものであり、同種の労働の客体的表現である。
・しかし、裁縫と織布は質的に違った労働である。
・二つの労働様式がただ同じ個人の労働の諸変形でしかなく、別々の個人の特殊な固定した諸機能になっていないような社会状態もある。
・資本主義社会では、労働需要の方向の変化によって、人間労働の一定の部分があるときは裁縫の形態で、あるときは織布の形態で供給される。こうした労働の転換が行われる。
・生産活動の規定性、したがってまた労働の有用的性格を無視するとすれば、労働に残るものは、それが人間の労働力の支出であるということである。
・商品の価値は、ただ人間労働を、人間労働(力)の支出を、表している。
・この場合の人間労働は、平均的にだれでも普通の人間が、特別な発達なしに自分の肉体のうちに持っている単純な労働力の支出である。
・単純な平均労働そのものも、国が違い文化段階が違えばその性格は違うのではあるが、しかし、現にある一つの社会では与えられている。
・より複雑な労働は、単純な労働が数倍されたものとみなされる。より小さい量の複雑労働がより大きい量の単純労働に等しいということになる。
・ある商品がどんなに複雑な労働の生産物であっても、その価値は、その商品を単純労働の生産物に等置するのであり、したがつてそれ自身ただ単純労働の一定量を表しているに過ぎない。
・いろいろな労働種類がその度量単位としての単純労働に換算されるいろいろな割合は、一つの社会的課程によって生産者の背後で確定され、したがつて生産者にとっては慣習によって与えられたもののように思われる。
・以下では換算の労を省くために、各種の労働力を直接に単純な労働力とみなす。

第11段落 価値としての上着やリンネルは単なる同質の労働凝固であり、これらの価値に含まれている労働もただ人間の労働力の支出としてのみ認められるのである。

第12段落 上着やリンネルは価値一般であるだけではなく、特定の大きさの価値である。価値量の相違は、労働力の支出の量(時間)による。

第13段落・商品に含まれている労働は、使用価値との関連ではただ質的にのみ認められるとすれば、価値量との関連では、もはやそれ以外には質をもたない人間労働に還元されていて、ただ量的にのみ認められるのである。使用価値との関連では労働のどのようにしてとどんなが問題なのであり、価値との関連では労働のどれだけが、すなわちその継続時間が、問題なのである。
・一商品の価値の大きさは、その商品に含まれている労働の量だけを表しているのだから、諸商品は、ある一定の割合をなしていれば、つねに等しい大きさの価値でなければならないのである。

第14段落・上着の生産に必要な有用労働の生産力が変らないならば、上着の価値量は上着自身の量に比例する。上着の生産に必要な労働が2倍に増せば、1着の上着が以前の2着の上着と同量の価値を持ち、上着の生産に必要な労働が半分になれば、2着の上着が以前の1着の上着の価値しか持たなくなる。といっても、どちらの場合にも上着は相変わらず同じ役だち方をするのであり、上着に含まれている有用労働の良否は相変わらず同じなのであるが。しかし、上着の生産に支出された労働量は変化しているのである。

第15段落・素材的富の増大にその価値量の同時的低下が対応することがありうる。このような相反する運動は、労働の二面的な性格から生ずる。
<例>
  旧 10時間で1着の上着を生産   1着の上着の価値は10
  新  4時間で1着の上着を生産 2着の上着の価値は8  
           素材的富は2倍に増加したが、価値量は8割に減少

・生産力は、つねに有用な具体的労働の生産力であり、与えられた時間内の合目的的生産活動の作用程度を規定するだけである。
・生産力の変動は、価値に表されている労働それ自体には少しも影響しない。生産力は労働の具体的な有用形態に属するのだから、労働の具体な有用形態が捨象されてしまえば、もちろん生産力はもはや労働に影響することはできない。

・生産力の変動は、それが使用価値総量の生産に必要な労働時間の総計を短縮する場合には、この増大した使用価値総量の価値量を減少させるのである。逆の場合も同様である。

第16段落・すべての労働は、一面では、生理学的意味での人間の労働力の支出であって、この同等な人間労働または抽象的人間労働という属性においてそれは商品価値を形成するのである。
・すべての労働は、他面では、特殊な、目的を規定された形態での人間の労働力の支出であって、この具体的有用労働という属性においてそれは使用価値を生産するのである。

●議論では抽象的人間労働は商品生産社会に特有な概念であるという意見について疑問が出されました。マルクスの文章を素直に読むかぎり「すべての労働は、一面では、生理学的意味での人間の労働力の支出」だと述べられており、抽象的人間労働もまたあらゆる社会に共通するものだと理解できるとの意見が出されました。

■資料
労働は二面をもつものとして取り扱われなければならない
「社会の生産を見るとき、生産物の費用としての労働を考えないですませることは不可能である。だから、経済学で労働を問題にするときには、どんな歴史的社会におけるものであろうと、労働はつねに、この二つの側面をもつものとして取り扱われなければならない。」

「このように、労働によって富を生産しなければならないあらゆる社会について、労働が、変形作用と人間労働力支出の二側面から考察されなければならないのに、「労働の二重性」は商品生産に固有の概念だとする抜きがたい思い込みが広がっている。このような主張をする人びとは、労働の生産性の発展にともなう、生産物を生産する労働量の減少や、のちに§2で述べる必須労働と剰余労働との区別を問題にするときには、労働を具体的な変形作用の違いを度外視した人間的労働力の支出として、つまりは抽象的労働としてみていることに気づいていないのである。これを抽象的労働と呼ぶべきでないとしたら、そのかわりになんとよぶのであろうか。」
                      大谷禎之介『図解社会経済学』16-17頁
[PR]

by shihonron | 2006-02-28 00:00 | 学習会の報告


<< 第11回  3月7日 2 相...      第8回  1月24日 第1節... >>